紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)が肌に与える影響は? 各紫外線の特徴をチェック

太陽光には人の目に見える光と目に見えない光があります。その目に見えない光のうち波長の短い光が紫外線です。紫外線は波長の長さによって紫外線A波・紫外線B波・紫外線C波にわかれます。このうち地表まで届くのは紫外線A波と紫外線B波で紫外線C波はオゾン層を通り抜けることができません。

紫外線A波はUVAと略されますが、地表に届く紫外線の約90パーセントはUVAです。UVAは透過性が高く、オゾン層を通り抜けやすいので地表に到達しやすいのです。曇りの日でも地表まで届いています。また室内にも窓ガラスやカーテンを通過してはいってきます。UVAは肌に急激な障害を与えることはありませんが、長年浴び続けることで肌にダメージを与えます。紫外線A波は紫外線の中で波長が長いため皮膚の奥の真皮層まで到達します。皮膚の弾力やハリを支えているのはコラーゲンやエスラチンですが紫外線A波はこれを壊す酵素ふやしてを破壊します。このため皮膚は弾力を失ってたるみシワを発生させ肌老化の主原因となっています。また皮膚の免疫力も低下させます。すでにできているメラニン色素を酸化させるため皮膚を黒くします。UVAは降り注ぐ量が多く、真冬でもかなりの量が降り注いでいます。また地表からの反射による反射紫外線も無視できない量です。1年を通してUVケアが必要です。紫外線から肌を守る日焼け止めの効果の指標として製品に表示されているのはSPFとPAですが、UVAの指標となるのはPAです。PAはPA+〜PA++++の4段階で表示され+の数が多いほど効果が高く、PA++++はきわめて高い効果のあることを表しています。

紫外線B波はUVBと略されますがUVBは比較的波長が短い紫外線でオゾン層で一部が吸収されるため地表に届く紫外線の約10パーセントとなっています。しかし肌の表面への作用が強く短時間浴びただけで肌が赤くなるサンバーンを引き起こします。炎症を起こすだけでなく肌のDNAや表皮細胞を傷つけ皮膚に損傷を与えます。またメラノサイトを活性化させメラニン色素を作らせるので皮膚は黒くなったりシミやそばかすの発生にもつながります。日焼け止めの効果を表す指標のうちUVBのUVケアの指標となるのがSPFです。SPFはSPF30・SPF50・SPF50+などと表示されSPF50+が紫外線B波を防ぐ効果が一番高くなっています。
近年フロンガスなどによりオゾン層の破壊が起こりオゾンホールが発生しています。このため地表に降りそそぐ有害な紫外線の量が増えてきています。このため皮膚がんのリスクも高くなっています。

紫外線対策は肌を守るため大変重要になっています。過度に紫外線を浴びないよう長袖衣服や日傘を用い出歩く時間を調整したり日焼け止めを使います。日焼け止めはPFやSPFの数値の高いものを選び、正しい使い方をしなければなりません。塗りムラのないようしっかりつかいます。汗で流れたら塗りなおすことも大事なことです。