紫外線による深刻なダメージ!光老化で「しわ」ができるメカニズムを知ろう

以前は肌の老化、そのいちばんの原因は加齢だと言われていました。年齢を重ねることで肌機能も低下していき、それによりしわなども増加してき、肌老化が進行すると言うのがメカニズムです。しかし最近では、加齢以上に紫外線の方が大きな原因であると言うことが明らかにされています。紫外線の肌ダメージは光老化とも呼ばれており、これはあらゆる肌トラブルの原因になり得るとさえ言われています。そのメカニズムは以下の通りです。まずいわゆるちりめんしわと呼ばれるようなしわの場合は、角質層の水分が著しく減少し、肌が乾燥することがいちばんの原因です。日光にあたり紫外線を必要量以上、浴びると言うことは、肌にはそれだけ熱が当ると言うことです。それにより肌の水分は失われ、乾燥しやすくなるのでこうしたしわが発生しやすくなります。また(皮膚が)ゴワゴワした状態になり、バリア機能も低下してしまいます。すると肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期も乱れがちになるので、それによってしわが肌表面に残りやすくなってしまうのも原因のひとつです。次にこのちりめんしわよりもより深いしわについてです。これは肌の真皮で肌弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンと言った弾性線維が、紫外線を浴びることによって破壊されてしまうことがいちばんの原因です。これ長時間浴びたり、必要量以上浴びたりすると体内では活性酸素が発生します。この活性酸素は強い酸化力を持っており、それで細胞などに深いダメージを与えます。これが弾性線維でも起きてしまうのが、真皮に刻まれるしわの原因と言う具合です。これを引き起こす紫外線はA波なのですが、怖いのはこのダメージは浴びてからすぐに出てくるのではなく、ある程度の時間が経過してから出てくることが多いと言う点です。つまり若い頃の日焼けが年齢を重ねてから深いしわ、あるいは弾力低下による肌たるみと言う形で出てくることもあると言うことです。では、このような肌老化を予防するためにはどうすれば良いかと言うと、それはずばり、年間を通して紫外線対策をとると言うことです。紫外線は日光が出ている時だけ、あるいは日差しが強い季節にだけ気をつけていれば大丈夫と思い込んでいる人も多いかもしれません。しかしそんなことはなく、これは多少の強弱の差こそあれ、基本的には年間、降り注いでいるものです。ですから年間を通じた紫外線対策が必要です。紫外線対策には日焼け止めを利用するのがいちばんです。自分の肌状態に合ったものを使用するようにし、その上でSPF値やPA値は使用するシーンや季節に合ったものを利用すれば、肌への負担も軽減することができます。女性であれば、最近では日焼け止め機能も備えた化粧下地やメイク用品も出ているので、それらを使えば手間なく紫外線対策ができます。また肌の潤いを保つ成分、弾性線維を構成している成分を外側から摂取するのも有効なことです。たとえばヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやエラスチンなどが配合されたスキンケア製品でこまめにケアを続けるのも方法のひとつです。