光老化で「シミ」ができるのは紫外線による刺激が原因!その仕組みを解説します

"紫外線による肌の老化は光老化と呼ばれ、シミやシワ、たるみなどを引き起こす大きな要因と言われています。その証拠に、普段日焼けすることがない胸や背中などの皮膚と日光にさらされることが多く日焼けをしやすい顔の皮膚を比べてみると、肌の色や弾力などに大きな違いがあります。このことから、紫外線は肌に大きなダメージを与えると考えられ、季節を問わず紫外線対策を行うことは重要です。
紫外線による肌へのダメージは、一時的なものではなく、長年に亘って蓄積されるものです。若い頃は、肌のターンオーバーが整い、細胞が活性化し、回復能力が高いため、そのダメージは見えて分かることはありません。ですが、肌の奥では確実にダメージは蓄積されていて、30代以降になるとシミやシワ、たるみなどとして肌表面にあらわれ始めます。この紫外線が原因のシミは、老人性色素斑と呼ばれ、シミの中でも最も多いタイプのものです。では、老人性色素斑はどのような仕組みでできるのでしょうか。
まず、紫外線を浴びると、ケラチノサイトという表皮の細胞が傷つくため、肌の内部にまでダメージが及ばないように、エンドセリンなどの情報伝達物質が分泌されます。すると、この情報伝達物質が、メラニン色素を産生するメラノサイトという色素細胞にメラニンを作るよう指令を出します。ですが、メラノサイトはすぐにメラニンを生成するのではなく、4つの段階を経てメラニンを作り出します。まず、最初にチロシンというアミノ酸を作ります。次にチロシナーゼという酸化酵素の働きが活発になり、ドーパ、ドーパキノンに変化し、最後にメラニンに変わります。そして、メラニンが生成されても、ターンオーバーが整っていれば、古い角質とともに外に排出されるので、シミにはなりません。ですが、ターンオーバーは加齢とともに低下するため、排出されずに肌に残ってしまったメラニン色素はシミになります。
シミを防ぐには、日頃から美白化粧品を使用することが大切です。でき始めのごく薄いシミなら、美白化粧品が効果を発揮します。美白化粧品に含まれている美白成分は、様々な種類がありますが、メラニン色素が作られるどの段階に働きかけるかで役割が異なります。カモミラETやトラネキサム酸はメラニン色素を作る指令を出す情報伝達物質の働きを阻害します。また、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどはメラノサイトの中でメラニン色素に変換させるチロシナーゼの働きを阻害します。そして、漂白作用の高いことで知られるハイドロキノンは、メラニン色素が作られないようにするだけではなく、メラノサイトを減少させるため、シミに有効な成分と言われています。ただし、年数が経ち、色が濃くなってはっきりしたシミは、美白化粧品で改善することは難しいため、美容皮膚科などでの治療が効果的です。
そして、紫外線を浴びた時に大量に発生する活性酸素もシミを作る要因になっています。ビタミンC,Eやポリフェノールなどの抗酸化作用を持つ成分は、活性酸素を除去する働きがあるため、積極的に摂取すると良いでしょう。

"