年中降り注ぐ紫外線から肌を守るには?日焼け対策の基本をチェック

"美肌の為に絶対に必要なケアと言えば紫外線対策です。
紫外線によるダメージというとシミやくすみが真っ先に気になりますが、一番怖いのがシワやたるみなどの光老化。
シワやたるみは年のせいだから仕方がないと思いがちですが、実は年齢によるものではなく紫外線が原因だったりします。
老化の8割は紫外線による光老化だと言われているので、いつまでも若々しい肌を保ちたければ紫外線を完璧に防御する必要があります。
日焼け対策の一番の基本は日焼け止めクリームを塗ることです。
日焼け止めクリームにはSPF、PAの数値が示されていますが、これらの意味をきちんと理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。
紫外線には紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波(UVC)の3種類があります。
紫外線A波は肌の奥の真皮にまで届き、肌の内部に活性酸素を発生させます。
これはDNAにダメージを与え、コラーゲンやエラスチンを破壊するのでシワやたるみなどの肌の老化を招きます。
窓ガラスや雲も通過するので曇りの日や室内でも対策が必要です。
紫外線B波は肌が赤くなるなどの炎症を引き起こし、肌表面に発生した活性酸素が過剰なメラニンを作り出し、シミやそばかすの原因となります。
紫外線C波は皮膚病の原因となる有害な紫外線でオゾン層により地上まで届くことはなかったのですが、近年ではオゾン層の破壊により地上に届くことが心配されています。
日焼け止めはこのうちの紫外線A波と紫外線B波をカットするものです。
日焼け止めクリームのSPFは主に紫外線B波を防御する効果を示しており、数値が大きいほど効果が高くなります。
紫外線に当たってから日焼けするまでの時間は個人差がありますが、大体15分から20分と言われており、SPF30の日焼け止めはその時間を30倍遅らせることができる、という意味になります。
それに対してPAは、紫外線A波の防御効果で+の多さが効果の高さを示します。
この二つの数値は高いほど良いように感じますが、効果が高ければ肌への負担も高くなりますので闇雲に高い数値のものを使うのではなく、強い紫外線を浴びるときは高い数値のものを、日常生活であれば低い数値のものを、と使い分けるのが良いでしょう。
日焼け止めクリームは必須アイテムですが、日傘や帽子、ストールなどを併用することも大切です。
上から浴びる紫外線に対しては、日傘や帽子が有効ですが、これらのアイテムだけでは地面からの照り返しによる反射紫外線を防ぐことができないので、ストールやスカーフを首周辺に巻くと相乗効果を得ることができます。
UVカット加工の衣服を着るのも効果的です。
このように、外側からの対策も重要ですが、食事に気を付けて内側からケアしてあげることも大切です。
イチゴやキウイ、トマトといったようなビタミンCやリコピンなどの抗酸化作用がある食物を日差しを浴びる前に摂ることも日焼け防止に効果があます。
季節や天気を問わず降り注ぐ紫外線から身を守る為には基本的な対策をしっかりと行うことが大切です。
紫外線対策をしっかり行って、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。"