正しく塗れていなければ意味がない!?日焼け止めクリームの正しい塗り方をおさらい

日焼け止めクリームはただ塗ればそれで安心と言うものではありません。表示されている効果を十分に得るためには、正しい塗り方、使い方を守る必要があります。日焼け止めクリームの効果に対する表記はSPFとPAのふたつがあります。

これはそれぞれに意味があり、まずSPFは紫外線B波に対する防御を示しています。紫外線B波には、肌を赤くする作用があります。

日焼け止めを塗らなかった場合、たとえば日に当ってから20分後に肌が赤くなり始めるとします。ですがSPF20の日焼け止めを正しく塗れば、肌が赤くなり始める時間を20分×20の400分にまで遅らせることができると言うのを、この表記は示しています。なおどれくらいで肌が赤くなり始めるかは、人によって異なります。

次にPAですが、これは肌たるみなどを引き起こす原因である紫外線A波に対する防御力を示しています。この後には+マークがつくのですが、その数が多くなればなるほど、その防御力は強いと言うことです。気をつけたいのは、これらの数値はあくまでも目安であると言う点です。また使用量も規定されている量を守ることが必要で、一般的にはクリームタイプの場合は、500円硬貨の大きさくらいは塗る必要があるとされています。

ムラにならないよう、少量を塗り広げていく、一度、全体的に塗ってそれが乾いてから、再度、上から改めて塗ると言う塗り方が望ましいです。また夏場などで汗をかく時などは、だいたい2~3時間ごとに、こまめにつけ直しすることも必要です。

次に効果的な塗る順番です。女性の場合、メイクとの兼ね合いで悩むのが日焼け止めが先なのか、化粧下地が先なのかと言う点です。結論から言うと、これはスキンケアの後に日焼け止め、そしてその後に化粧下地と言う順番が正しい順序です。ただし現在では、化粧下地として使用できる日焼け止めもありますから、その場合は特に悩む必要はありません。

なお日焼け止めと化粧下地のSPF、PAが異なる場合には、効果が高い方のみが効果としては発揮されます。日焼け止めはまた、赤ちゃんにも使用することが望ましいとされています。紫外線ダメージは、赤ちゃんの敏感な、繊細な肌にも脅威になり得るためです。

日焼け止めの種類には、紫外線を吸収する紫外線吸収剤が使用されているものと、肌表面で紫外線を跳ね返す紫外線攪乱剤が配合されているものに分類できます。

この内、紫外線吸収剤配合のものは、紫外線に対する防御力が強いと言うメリットがある半面、皮膚表面で紫外線を吸収するため、肌への負担が大きくなりがちであると言うデメリットがあります。ですから赤ちゃん、また大人でも、できるだけこちらのタイプの日焼け止めは避けた方が無難だと言えます。なお日焼け止めは、現在ではクレンジングを使用しなくても落とすことができるタイプも数多くあります。

クレンジングが必要な、ウォータープルーフタイプのものは汗、皮脂に強いと言うメリットはあります。しかしその分、肌への負担が大きくなりがちなので、自分の肌状態に合わせたものを選ぶのが望ましいです。