サプリメントで紫外線対策が可能!飲む日焼け止めに副作用はある?

美肌には紫外線対策が必要です。肌は紫外線を浴びると、メラニン色素が増加し、肌を守ろうとする機能が働きます。ただ、メラニン色素が過剰に発生すると、肌のターンオーバーで排出できず、しみの原因、色素沈着してしまうことがあります。また、紫外線を浴びることで、肌の乾燥、バリア機能の低下といった肌ダメージを引き起こす他、皮膚がんという重大な病気を引き起こす可能性もあります。

そこで紫外線対策の一つとして効果的なのが、日焼け止めです。日焼け止めといえば、クリームやジェルタイプの塗る日焼け止めが主流です。塗る日焼け止めの目的は、有害な紫外線が肌に降り注がないように阻止することです。SPFの数値、PAの+の数が多いほど、UVカット効果が高いです。

もうひとつ、日焼け止めとして注目されているのが、飲むタイプのものです。飲む日焼け止めサプリメントとして、最近人気となっています。目的は塗るタイプのものとは異なります。UVカットを目的としているのではなく、紫外線で受けたダメージを軽減することが目的の商品です。

国産の飲む日焼け止めの主成分はニュートロックスサンという成分です。シトラスとローズマリーから抽出した天然ポリフェノールの一種です。この成分には、最大55%の紫外線ダメージを軽減することが可能で、免疫防御作用、DNA保護作用をサプリメントによって得ることができるといえます。国産の商品はいくつか販売されていますが、ホワイトヴェールという商品はコストパフォーマンスも高く、美容成分も配合されていることで人気があります。海外製品の場合、人気のある商品の主成分はFernBlockです。シダ植物の一種から抽出された成分ですが、この成分は抗酸化物質です。特にシミやシワの発生にかかわる紫外線A波によるダメージに対して効果があるといわれています。摂取することで、抗酸化作用が得られるというわけです。人気商品はヘリオケアですが、個人輸入かクリニックでの処方で手に入れることになります。

気になるのは副作用ですが、国産、海外産、ともに天然由来の成分です。副作用の報告は現在報告されていません。年齢制限もなく、子どもでも摂取が可能です。もちろん、用量、用法は守って飲むことが前提です。ただ、妊娠中や授乳中の服用は、念のため医師に相談することがおすすめです。

飲む日焼け止めサプリメントの服用方法は、日に当たる30分前に飲むことが効果的であるといわれています。紫外線の強い場所に長時間滞在する場合は、4~6時間後に追加して服用するようにします。毎日飲むと効果が高まります。また、日焼けした後、応急処置的に飲んでも効果が得られます。うっかり日差しを浴びた場合でも安心です。

飲む日焼け止めサプリメントは、塗るタイプのような、塗り忘れや塗り直しする必要がなく、手軽に日焼け対策ができる商品といえます。ただ、目的が異なるので、塗るタイプも併用して紫外線対策をするのがおすすめです。