コストパフォーマンスが魅力!飲む日焼け止め「雪肌ドロップ」の魅力

紫外線を浴びると肌への影響が大きく、しみやしわの原因、皮膚の老化を進行させたり、皮膚がんといった重大な病気まで引き起こす可能性があります。そのため、外出時は日焼け止めを塗ったり、日焼け対策グッズを利用することが大切だという認識が広まってきました。

日焼け止めを塗ったりスプレーしたりする効果としては、紫外線を皮膚に浸透するのを防ぐということが挙げられます。紫外線吸収剤が含まれており、紫外線を吸収すると熱や赤外線などのエネルギーに変換して放出する作用をするからです。また、紫外線散乱剤により、紫外線を反射させる作用があります。鉱物由来の成分が利用されていますが、肌の表面に金属の反射膜を作り、紫外線を反射させるといった仕組みになっています。

しかしながら、皮膚に施す日焼け止めは、時間が経つと汗などで落ちて効果が無くなったり、強い効果がある商品はクレンジング剤を使用する必要があるため、肌ダメージが逆に大きくなることがデメリットといえます。塗り忘れや塗る手間もデメリットといえます。

そこで最近注目されているのが、飲む日焼け止めサプリメントです。日焼け止めに効果のある成分を飲むことで、内側から紫外線の対策ができる商品です。飲む日焼け止めサプリメントによく使用されている成分のひとつが、ニュートロックスサンです。ニュートロックスサンは、スペインの大学の細胞生化学博士とモンテローザ社が10年以上かけて共同開発を行い完成させた成分です。シトラスの果実、ローズマリーの葉から抽出され配合された天然ポリフェノールです。

その効果とは、まず、活性酸素を制御し、酸化を予防してくれることです。活性酸素はもともと体に必要なものなのですが、増えすぎることで細胞にダメージを与え、老化や病気の原因になるといわれています。この余分な活性酸素を取り除き、適切な量にコントロールする効果があります。また、紫外線による光老化を予防してくれます。日焼けや紫外線によって皮膚が炎症を起こす状態のことですが、ニュートロックスサンには抗炎症作用があるため、皮膚の炎症を内側から抑える効果があります。これらの作用により、体の中からから日焼けを予防できるというわけです。

飲む日焼け止めサプリメントのメリットは、塗り忘れがなく、また汗で落ちる心配もないですし、塗り直しする必要がないことです。スポーツ時や露天風呂などを利用するときにも最適です。塗り忘れると大変なことになりますが、飲む日焼け止めの場合、うっかり紫外線を浴びてしまった後に飲んでも効果が得られるというメリットがあります。アフターケアもできるのです。さらに日焼け止めを塗ることによる肌への負担も軽減でき、肌トラブルの心配がありません。べとつきや肌触りも気になることがありません。

ニュートロックスサンを主成分とする飲む日焼け止めサプリメントはいくつかありますが、実は商品価格が高いです。商品の相場として、1ヶ月飲み続けたときの価格は2万円以上、6ヶ月になるとその6倍かかる計算となります。

そんな中で、コストパフォーマンスの良い商品として人気があるのが、雪肌ドロップです。ニュートロックスサンを主成分にしていますが、60カプセル入りで1日2粒飲む計算で1ヵ月使用できます。さらに5つの魅力的な成分、ザクロエキスパウダー、植物プラセンタ、トマトパウダー、リンゴンベリー抽出エキス、マリーゴールドエキスといった美容成分をたっぷりと配合しています。

現在雪肌ドロップのきらきらモニターコースを利用すれば、通常価格が7900円のところを送料の500円のみで購入することができます。実質無料でとてもお得です。きらきらモニターコースは、毎月自動で届けられる定期コースで、2回目以降も18%お得な6480円で購入できます。