美容皮膚科などで購入できる飲む日焼け止め「ヘリオケア」はどんなサプリ?

紫外線が肌に与えるダメージで真っ先に思いうかぶのがシミやくすみではないでしょうか。
しかし、もっと怖いのがシワやたるみなどの老化です。

年を重ねるにつれて、シワやたるみは必ず出てきますが、これは年齢のせいというよりは紫外線が原因です。
老化の8割は紫外線による「光老化」だと言われています。
ある程度の年齢になると、人によって若く見える人と老けて見える人の差が出てきますが、その差は紫外線対策をどれだけきちんと行ってきたかの差だと言えるでしょう。

いつまでも若々しい肌を保ちたいならば紫外線対策は必須です。
しかし、きちんと日焼け止めを塗って外出したはずなのに、いつの間にか日焼けしていたという経験はありませんか?
日焼け止めの効果を持続させるためには数時間毎に塗り直す必要がありますが、外出先でこまめに塗り直すのは現実的に難しいでしょう。
また、塗ったつもりでも塗り方にムラがあって塗れてない箇所があったり、汗をかいて流れ落ちてしまったりなどが原因で従来の塗るタイプの日焼け止めでは完璧に紫外線を防御することはできません。
そこで最近話題になっているのが、飲む日焼け止めです。
飲む日焼け止めの中でもいろいろなメディアで紹介され、注目を集めているのが「ヘリオケア」。
美容クリニックや皮膚科で取り扱っている日焼け止め効果のあるサプリメントです。
飲むだけで日焼け止めの効果があるというのはちょっと信じられないような気がしますが、ヘリオケアに含まれるFernblockという成分に秘密があります。
Fernblockはポリポディウムロイコトモスというシダ植物から抽出された成分で、抗酸化作用、免疫防御作用、DNA保護作用、皮膚構造維持作用があります。
紫外線に当たると、活性酸素が発生し、メラノサイトでメラニンが生成されます。
ヘリオケアに含まれるFernblockは活性酸素の発生をストップさせるので、メラノサイトの活動そのものを止める効果があり、シミや日焼けを防ぐことができます。
皮膚の表面にはランゲルハンス細胞と呼ばれる細胞があり、異物が侵入した情報をキャッチしてその情報をリンパ球に伝え、異物を攻撃してもらうという仲介役を果たしています。
このランゲルハンス細胞は紫外線を浴びることで減少するので、免疫細胞が正常に働かなくなります。
しかし、ヘリオケアを服用すると、ランゲルハンス細胞の減少を防ぐことができるので、免疫機能を正常化し、健やかな肌を保つことができます。

また、日焼けとDNAは密接な関係があります。
DNAは細胞の役割を決める設計図の役割を果たしますが、日焼けをすると細胞の中ではそのDNAを守ろうと必死で抵抗します。
しかし、その抵抗にも関わらず防ぎきれなかった場合はDNAはダメージを受けて傷つきます。
日焼けで肌が赤くなったということはDNAがたくさん傷ついたということでもあります。
DNAが損傷し続けることは最終的には正常な皮膚の活動が阻害され、癌化することにもつながります。
ヘリオケアはDNA損傷のダメージを減少させる効果があり肌の回復を早め、皮膚がんの予防にも役立ちます。
老化の8割が光老化だと言われていますが、これは紫外線が繊維芽細胞を傷つけ、MMPという酵素が増えることによりコラーゲンが減少するのが原因です。

ヘリオケアは、線維芽細胞のダメージを減少させ、MMPの生成を抑制する作用があるので、肌のコラーゲンが保護され、光老化を軽減させます。
このようにヘリオケアに含まれる成分には、さまざまな作用があり、日焼けを防止し、日焼けによるダメージを防ぐ効果があります。
シミ、シワ、たるみなどの光老化に悩まされている人はぜひ一度ヘリオケアを試してみてはいかがでしょうか。