紫外線とは?肌を守るために知っておきたい紫外線の基本

紫外線は、波長の長さによって、UVA、UVB、UVCに分類されます。
太陽から地表に届く紫外線の多くはUVAで、UVCはオゾン層に吸収されるため、地表にはほとんど届きません。
そのため、私たちが注意しないといけないのは、UVAとUVBで、地表に届くのが少ないUVBは、人間の皮膚に与える影響が大きく、特に注意しないといけません。
UVAは、窓ガラスを透過するため、室内や車内にいても届いてしまうという特徴があり、曇りの日でもその量に変わりはありません。
真皮層にまで届いてしまうため、肌の弾力性を支えているコラーゲン繊維を破壊してしまい、弾力性が失われてしわやたるみの原因となってしまいます。
一方UVBは、室内に入りにくく、曇りの日には、3分の1に量が減少します。
ただ、波長が長いため、肌の奥深くにまで達してしまい、細胞が損傷を受けて、肌の老化や皮膚ガンの原因となることもあります。また、皮膚の免疫力も抑えてしまうため、ウイルスやカビなどによる感染症にかかりやすくなってしまうというリスクもあります。

わずか数分浴びても、肌はダメージを受けてしまいます。
長年浴び続けると、しみやしわ、たるみなどの光老化を起こしてしまいます。
よく、手を見ればその人の年齢がわかると言われますが、老化の進行具合も手を見ればよくわかります。
日光にほとんど触れることのないお知りの肌は、つるつるしているのに比べて、日光を浴びやすい手の甲の肌は、しわやたるみが多くなっているはずです。
これは紫外線が肌の老化に深く関係している証拠で、徐々に蓄積されて光老化を起こしてしまいます。
この光老化は、UVを浴びた時間と強さに比例するといわれ、顔や手のように直接浴びるケースが多い部分の、肌の老化原因の、約8割は、光老化にあると考えられています。
太陽光は、生物にとってはなくてはならないものですが、紫外線は可視光線のように目に見えず、赤外線のような温かさもないため、肌へのダメージを実感することができません。
そのため、しわなどの光老化を防ぐためには、とにかく紫外線を浴びないことが大切です。
対策としては、外出時には年間を通して日焼け止めを欠かさないことがポイントです。
ただ、日焼け止めには、PAとSPFの表記があります。
PAは、UVA対策、SPFはUVB対策に重要な表記で、数値が高いほどいいように思いますが、そうともいいきれません。
数値が上がるほど、肌にかける負担も大きくなってしまいますから、状況に合わせて日焼け止めを選ぶことが大切です。
最近、活性酸素という言葉をよく聞くようになりましたが、活性酸素は、体内で作られて、組織傷害性があり、体内の細胞を酸化させて、細胞の機能低下や病気を引き起こす原因にもなります。
紫外線を多く浴びると、活性酸素を多く発生させてしまい、細胞にダメージを与えて、老化を進めてしまいます。
そのため、日焼け止めを使うとともに、ビタミンCを摂取して、体の内側からも対策をとることが大切です。