サプリを飲むだけで紫外線防止に!?飲む日焼け止めに期待できる効果とは

美肌を目指す人にとって最大の敵とも言って良い存在が紫外線です。紫外線対策として一般的なのが日焼け止めを塗ることですが、こまめな塗り直しが必要で、汗や水に弱いので、長時間日差しを浴びる状況では対策として完璧ではありません。うっかり日焼けしてしまうと、シミやくすみの原因になるだけではなく、しわやたるみへと発展してしまうのが紫外線の怖いところです。

そこで注目を集めているのが「飲む日焼け止め」。飲む日焼け止めとは飲むだけでUVカット効果を発揮するサプリメントのことです。

カプセルやタブレットタイプのサプリメントで、飲んでから数時間紫外線を防止する効果が持続します。なぜ飲むだけで効果があるのかとういうと、飲む日焼け止めには、抗酸化作用、免疫防御作用、DNA保護作用があるからです。

紫外線に当たると活性酸素が発生し、シミのもととなるメラニンを生成します。飲む日焼け止めに含まれる抗酸化作用は活性酸素の発生を抑制する効果があり、シミや日焼けのもとを根本から抑制します。

また、紫外線を浴びると日焼けしてしまうのは、肌の免疫機能に大切な肌細胞を減少させるからです。飲む日焼け止めには免疫防御作用を高める成分が含まれているので、皮膚細胞が紫外線から受けるダメージを軽減する効果があります。

私たちの肌は紫外線を浴びるとDNAがダメージを受け、最悪の場合は皮膚がんにつながることもありあます。飲む日焼け止めにはDNA保護作用のある成分が含まれているので、DNAが受けるダメージを軽減することができ、皮膚がん予防にも効果があります。

塗る日焼け止めのように、肌表面にバリアを張って防ぐのではなく、肌そのものが紫外線から受けるダメージを抑える力を身につけることでUVカット効果を発揮します。飲む日焼け止めの最大のメリットは塗り忘れや塗りムラを気にしなくても良いことです。

サプリメントだけで塗る日焼け止めは全く必要ないということではなく、併用が推奨されていますが、こまめな塗り直しを気にしなくても良いのでケアが楽になります。

また、肌の弱い人は塗る日焼け止めが肌の負担になりがちですが、飲む日焼け止めなら肌の弱い人でも気にせずケアすることができます。男性でも人目を気にせる手軽に使えるのもメリットのひとつです。価格が高いところがデメリットですが、老化防止にもなることを考えると決して高いものではないかもしれません。

確実な効果を得るためには飲み方に注意が必要です。日焼け前に飲むのが効果的なので、日差しを浴びる30分ほど前に飲むようにしましょう。長時間効果を持続させたい場合は、数時間ごとに飲み直す必要があります。

これまでは海水浴やハイキングなどのレジャーシーンでの紫外線対策はひたすら日焼け止めを塗るしかありませんでした。塗る日焼け止めでは限界があるため、結局は日焼けしてしまう人が多かったと思います。これからは飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの併用で、より強力な紫外線対策ができます。

老化の原因の8割は紫外線だと言われています。完璧に防いでいつまでも若々しい肌を保ちましょう。